干支学講座

「干支学」とは、天地のエネルギー状態を東洋哲学的に分析した学問であります。目に見えるものを中心に分析し、現在は量子力学という目に見えない分野に届きつつある西洋科学に比べ、東洋哲学は最初からエネルギー状態の分析から現実を見極める手法を用いております。量子力学、心理学の解明と発展に東洋哲学、易経が関わってきたということはよく知られた事実であります。

 「人間が万物の霊長であり、その価値は能力や才能による上下はなく、皆等しく価値ある存在である。」という価値観は、残念ながら西洋の進化論からは説かれませんが、地球規模の平和な豊かな世界を実現するためには必要な価値観であります。個性を発揮しながら、全体として調和した社会を実現する価値観、その精神文化が日本の平和思想であり、それが世界に拡大することにより世界平和が実現されることと思います。

 これから始まる新しい時代は、一人一人の才能が十二分に発揮され、争いや格差のない世界であることを考えますと、戦後の政策の中で大学教育から姿を消した東洋哲学、易経が再びその価値を必要とされる時代が再び訪れていることを確信致します。米百俵精神の土台となったこの干支学が新しい次元の米百俵精神を生み出すことを願っております。

第2期干支学開催スケジュール 19:00~20:00(終了後質疑応答)
①10月 12日(土) トモシア 研修室1 ⑦    1月  11日(土) トモシア 研修室1
②10月  26日(土) トモシア 研修室1 ⑧  1月  18日(土)トモシア 研修室1
③11月 9日(土) トモシア 研修室1 ⑨    2月 8日(土)
④11月  23日(土) トモシア 研修室1 ⑩    2月 22日(土)
⑤12月 7日(土) トモシア 研修室1 ⑪    3月 7日(土)
⑥12月  14日(土)トモシア 研修室1 ⑪    3月 21日(土)