「可能性と資源は無限」

 私達一人一人が持っている「才能」は無限であります。そして、今までそれを発揮する場所がなかったことが社会で評価されない原因でありました。それは昔からつい最近まで続いて参りました。

 しかし、現在はそうではありません。私達の才能を全世界の人々に発信する事が、インターネットを通して可能な時代になりました。

 ですから、努力が報われる時代の到来は多くの人々に希望を与え、前向きな人生の力強い応援となります。

 実は、「共生・共栄」社会の実現にもう一つ大切な発想の転換が求められているのであります。

 私達は、国に所属しております。それぞれの国は、国益を求めて競争しております。ですから、富める国に生まれた人と貧しい国に生まれた人では、その環境が人生に及ぼす影響があるでしょう。

 国の権力者が「限られた資源」という認識を持っているうちは、それを求めて繰り広げられる争奪戦は終わりません。それは、世界平和実現を阻害する要因であります。

 しかし、「限られた資源」という表現は本当に正しいのでしょうか?同じ発電をするにしても、そのエネルギー源は時代と共に変遷して参りました。「原子力」をエネルギーとして活用できることを昔の人は知りませんでした。

 それを可能にしたのは、人間の知恵であります。これからも、今まで振り向かれなかった「物質」により、社会が大きく発展する可能性は大いにあります。いや、そのように無限なエネルギーを秘めた環境として設計されているのが「地球」ではないでしょうか?

 既存の概念にとらわれることが、社会の閉塞感を生み、人々の不平や不満を生み出す要因にもなります。他の動物と違い、世界中どこでもやりたいことを、やりたいように出来るのが人間であります。過去の失敗をトラウマとして教育するのではなく、天地の道理に照らし合わせてきちんと反省し、世界が新たな夢の実現に向かって前進する社会を実現するのが「米百俵大学」の使命と考えております。 

Follow me!