「感謝」の科学

 私は今までたくさんの経営者の方々から、事業を発展させてきた体験談をお伺いして参りました。人生にも登り下がりがあるように、経営においても当然良い時と悪い時があるのは当たり前であります。

 皆様方のお話で共通しているのは、その時にどの様な認識を持っていたかということであります。例えば、現在のようなコロナ禍において、「コロナだから仕方がない」と捉えることも出来ますが、私がお会いした皆様はそうではありませんでした。

 「全ての出来事は自分の反映である。」と捉えておられました。そして、自分が変わることにより、現状を打開してこられた体験談をたくさんお伺い致しました。それはの奇跡のようなお話でした。どういうときに奇跡は起きるのだろうかと思い、そこに共通する内容を探してみました。

 皆さんに共通していたのは、「感謝」という言葉でした。大変な境遇を心から「感謝」出来た時に、夫婦・社長と従業員の心が一つになり、道が開けたという内容でした。そこにもう一つ付け足すなら、お客様を中心とした経営理念を貫き通したということでありました。

 「原因を探って結果を好転させる」、これは「心の科学」といえますね。

Follow me!