動植物に学ぶ処世術

 私達の周りに存在するものは、時としてたくさんのことを教えてくれます。ご存知のように、サーモンは卵がかえると自分の体を子供達に食べさせます。またツルは、一生を同じペアで過ごします。私達はそれを通して、親の愛や夫婦愛の尊さを学びます。

 植物も同じように、私達にたくさんのことを教えてくれます。アスファルトの下から芽を出したり、トマトのハウス栽培でわざと水を少なくして育てると、根を深く張るようになります。雑菌がたくさんいる水を吸っても、その果実を私達は安心して食べられます。

 残念ながら、自ら命を落とすのは人間だけであります。でも、私達の脳は猿から進化した程度の能力ではありません。全ての人の脳が、スーパーコンピュータ以上の性能を持っているのであります。関心のある方はこちらをご覧下さい。人間の脳の活動でわずか1秒間はなんとスーパーコンピュータ「京」の40分に匹敵することが判明 – GIGAZINE

 植物は、その場所の条件が悪いとしてもじっとしていることしか出来ません。ただ、私達の人生には、植物が経験する以上の困難が訪れることがあることも事実かも知れませんが、多くの心理学者が説いております。私達が考えたことは必ず実現できるというのです。空を飛びたいと思ったから飛行機が出来ましたし、宇宙へ行きたいと思ったからロケットが開発されました。皆様の中にも、そのように夢を実現された方がたくさんいらっしゃると思います。

 逆から振り返ると、大きな夢を叶えた人ほど、そこにたどり着くまでにたくさんの困難を越えてきた事も事実であります。困難は夢を実現するための肥料であるということも出来るでしょう。ですから、その困難がなければ、夢を実現できなかったということであります。

 このように、人間は困難を乗り越える力を一人一人が持っていることも事実でありますが、それがあまりにも大きく、今まで経験したことが無い事にぶつかると、例えば、コロナ禍のような。

 そんな時は一人で乗り越えることが難しくなります。そんな時に思い出されるのがリカオンという動物です。リカオンは肉食です。そして、捕まえた獲物を弱いものにも分け与えるのだそうです。私達はリカオンよりもはるかに素晴らしい能力を持った存在なのですが・・・・・・。そんな気持ちをお互いに分かち合うことが出来たら、と思わずにはいられません。

Follow me!