私達は皆人類のエリート

 人間が本来どんなに素晴らしい価値を持った存在であるかということの一端を前回お伝えいたしました。今回は、「私達は人類のエリート」というテーマでお話させていただきます。

エリートというと優秀というイメージがあると思います。その通り、私達はとても優秀なのであります。何において優秀なのだろうかと思われる方もいるかも知れません。

 それは「愛の伝統」においてであります。ご存知のように、私が今存在している本(もと)は、「両親の愛情」があったからであります。その愛の伝統はいつから続いているのでしょうか?人類歴史始まって以来「ずーっと」であります。途中一人欠けても今の私は存在しないのです。

 「価値観の多様性」が叫ばれておりますが、「愛の伝統」だけは守り続ける必要があります。人類が滅ぶとしたら、戦争でも飢えでもありません。「愛の伝統」が崩れた時であります。

 易経では陰陽のエネルギーの調和から全ての万物が生まれたと捉えております。実は、そのエネルギーは愛のエネルギーなのです。そのエネルギーは、私たちに、兄弟愛、夫婦愛、人類愛として現れます。そして、人類歴史は夫婦愛から生まれた新しい命により続いてきたのです。ですから、私達一人一人は愛の結晶なのです。風水は夫婦愛を育む環境創造の技術と捉えることが出来ます。

Follow me!