なぜ風水では「日取り」が大切なのか?

 風水では、何か処置をする時に常に「いつするか」ということがポイントとなります。新築住居の入居の日時・お店の開店日時・リフォームの日時・お墓の納骨の日時・ベッドの向きを変える・・・・・・など。

 実は、風水では、私達がいつ入居したかでその「家」の誕生日が定まるのです。私達人間が万物の主人であり、全てをコントロールする能力を持っているのです。

 私達の運勢の盛衰のリズムが誕生日で決まるように、「家」にも運勢があります。私達が住むことにより、当然その影響を受けることになります。

 その「家」の誕生日を決めるのは、私達です。ですから、「いつ入居するか」という日時の選び方が重要なのであります。悪い日を避けるというような消極的な手法ではなく、もっと積極的にどういう運気を家に持たせるか(私がどういう運気が欲しいのか)という観点で選ぶのです。

 日取りを選ぶことを「択日」といいます。ですから、風水鑑定を依頼する時には、きちんと択日(たくじつ)出来る風水師かどうかを事前に確認する必要があります。

 特にお墓の場合は「子々孫々」までその影響が及ぶことになりますので重要です。時には、今年は入居(お墓の場合は納骨)に適する日を選べないというケースも当然出て参ります。

 風水を学んでいくと、「人間」という存在の素晴らしさを教えられるのです。

Follow me!