基礎講座に思う

 最初は倫理の教えを学ぶ「基礎講座」は「なぜ月に 1回しかないんだろう」と思っておりました。入会と同時に全部教えてもらいたい、と思ったこともありました。
 でも今はそうは思っておりません。植物も人間も会社も成長に要する期間があります。
 私は風水を仕事としておりますが、先生は一度に全てを教えてくれません。全てに、学ぶに相応しい「時」があります。机上でいくら教えてもらっても、現場(鑑定)に行くと何をどうしたらよいのか、頭の中が真っ白になったことを思い出しました。
 倫理が教えているのは「人の道」だと思います。毎週 MS で学び、実践しながら基礎講座を学ぶのがちょうど良く消化出来るスピードなのだと思えるようになりました。ですから、まず言われたとおりにやってみるのが大事だと思いまた。
 一つ学び、それを実践する。そうすると、新しい発見をする。それをまた倫理に照らし合わせてみると、また目標が見えてくる。本当に不思議だと思いました。
 それが私達の暮らしと密着しているので、自分の周りの物事が一つずつ順番に輝き出すのです。いっぺんにそうならないところが良いのです。だから飽きずに続けられるんだなと思えるようになりました。知らないうちに、自分自身が磨かれていく道だと思います。

Follow me!