「生きる時代」から「生かされる時代」へ

 「生きる時代」から「生かされる時代」へ、ということで述べてみたいと思います。時代は今まで、権力や軍事力、経済力など「力」を持つ人々が牽引してまいりました。もちろんこれからも、時代を牽引していく人は必要であります。

 ただ、今までと違うのは、科学的解明がどんどん進み、物事が本質的に明らかになってくると、私達の生命は自分で生きているのではなくて「生かされている存在である」ということに行き着くのではないかと思います。

 時代が進み、AIがフェイクニュースを選別し、正しい情報が世界中の人々に行き渡るようになると、情報を発信している側の意図まで見極められるようになってくるでしょう。その時、私達は宇宙船地球号の中で「生かされている存在」であることをはっきりと自覚するようになるでしょう。

 現在は、「価値観の多様性」が叫ばれる中で世の中の方向性が右往左往しておりますが、「生かされている存在」であることがはっきり分かると、より幸せになるにはどういう生き方が相応しいのかということが明確になってくるのではないでしょうか。それが、「米百俵大学」を通して皆様にお伝えしたい内容の一つであります。

Follow me!